絵がうまくなるためのTipsとか書いてみたい

絵がうまくなりたい人のブログ

Uncategorized

18日目 AdobeCreativeCloud

投稿日:2019年10月10日 更新日:

形から入る、というのは意外に悪いことではないようだ。

文脈効果によりやる気と自信が高まるというのはリンクのとおり。

それだけではない。

例えばなにもできないへっぽこ素人がプロが使うようなツールを分不相応にも購入してしまったとする。

そうすると素人なのにプロが使うようなツールを使ってる、という矛盾した状態を無意識で「気持ち悪い」と思うようになる。

これを認知的不協和というらしい。

こうなると、自然とそれを解消する方向に動く、つまりは、無意識的に自分の技術をプロに少しでも近づけようとするはずなのだ。

Adobe Creative Cloud

さて、形から入る行為を小難しい言葉で正当化したところで本日の本題だ。

実はこのブログを始める前から有料のAdobe Creative Cloudに登録している。

ご存じのとおり、プロ御用達のツール群、Adobe Photoshop、Illustratorなどなどがすべて使用できるプランだ。

本来月額5,680円かかるプランだが、実はオンラインスクールの講座を受講することで、年額払いにはなるが、半額程度で使用することができる

有名なものを2つ紹介したい。

デジハリONLINE 「Adobe マスター講座」

自分か購入したオンライン講座はこちらだ。

デジハリONLINE「Adobeマスター講座」

63時間のオンライン動画教材+Adobe Creative Cloudライセンス1年間付きで39,980円(税込)だ。

なお、受講期間は3か月と書いてあるが、教材が視聴できるのは1か月だけなので注意してもらいたい。

オンライン動画教材の内容は、Photoshop/Illustrator/Dreamweaver/Flash(Animate)/After Effects/Premiereとカバーする範囲も広く、様々なソフトの使い方を学ぶことができる。

Photoshop/Illustratorを中心に学びたいという方も多いかもしれないが、その2つだけで20時間以上の教材が用意されてるので安心していただきたい。

ただし教材は本当に初心者向けだ。Adobeのソフト初心者というよりはパソコンすらもほぼ使えません!という層をターゲットとしているように見える。

ファイルの開き方から「×を押して閉じます」というところまで説明がある。ちなみにWindowsでの説明だ。(ソフトの操作でMacとWinで異なる場合についてはちゃんと説明がある)

動画は画面操作だけでなく、右下に講師がしゃべる姿が写っており、非常に聞きやすい。

Adobeソフトを使うのは初めてだが、PCはそこそこ使えるという人は多いだろう。そういう人へのおすすめ受講方法を載せておく。

 

1.まずはソフトをいじってみる。

Photoshopなどは公式のチュートリアルが充実しており、それだけでそこそこ使い始めることができるし、そもそも直感で操作できる部分も多い。

動画教材を見る前にまずはいろいろいじってみるのをお勧めする。

 

2.動画教材を2倍速再生ながら視聴する。

ブラウザ上で再生されるタイプの教材であるが、幸い標準で2倍速再生の機能がついている。

2倍速で耳だけそちらに向けて、なにか別の作業をしながら聞けばよい。

最初の方はほとんどわかってる機能の説明だろうが、ときどき役立ちそうなショートカットの説明などがある。

そういう知らない部分だけを拾って学ぶようにする。

もしまったく知らなかった部分の講義があれば、そこだけ集中してみればよい。

ヒューマンアカデミーたのまな 「アドビオンライントレーニング講座」

もう一つのがこちら。

たのまな「アドビオンライントレーニング講座」

オンライン動画教材1か月+Adobe Creative Cloudライセンス1年間付きで価格は78,800円が定価のようだが、こちらの価格の時は買ってはいけない。

定期的にセールを行っており、39,300円(税込)くらいになる。

また、動画教材を時間をかけて学びたい場合には動画視聴期間がもっと長いプランも用意されている。

オンライン動画教材はPhotoshop/Illustrator/In Design/Dreamweaver/Flash/Fire Works/After Effects/Premiereとデジハリよりも多くのソフトについて学べる。

ただ、Fire Worksはすでに開発が終了しているため、今から学ぶメリットはないだろう。In Designを学びたいならこちらがいいかもしれない。

なお、PhotoshopとIllustratorの動画教材はあわせて6~7時間程度のようで、この時間だけでいえばデジハリより短くなっているので、長い方がいい人にはデジハリがお勧めだ。

ただ、月に20時間以上も時間取れない!という人も多いだろう。そう考えると6~7時間で基本がまとまってるのは理想的かもしれない。

どちらがいいかは個人次第

ライセンスが欲しいだけであれば、そのときどきで安い方を購入すればいいだろう。

しかし、自分のように「まったくわからなけど、使ってみたいぜー」と購入する場合は教材の中身が気になるところだと思う。

片方しか使ってないので比較はできないが、デジハリは上記使い方ではお勧めだ。

そんな何十時間も動画見れるかっ!という方はたのまなで必要な部分だけみればいいだろう。

来年はたのまなを購入して比較してみたい。・・・やる気が続いていれば、だが。

ちなみに

講座はいらない、PhotoshopだけもしくはIllustratorどちらか片方だけ利用したい人は公式ホームページからフォトプランもしくは単体プランで申し込んだ方が安く済む。

この2つだけ使う場合もフォトプラン+Illustrator単体プランの組み合わせの方が、若干安い。

また、学生・教職員の場合は公式ホームページから上記同様のコンプリートプランがより安く購入できる

自分にとって一番お得な買い方を選ぶといいだろう。

絵の練習もした。

絵の練習を晒すブログなのに絵を載せないのもあれなので一応載せておく。

使用アプリはいつも通りAdobe Frescoだ。

別に上でCreative Cloudの話をしたからとしってイラストレーターで描いたりはしない。

なぜならまだ全然使えないから。

ちなみにCreative Cloudに登録してるとFrescoを使うときも連携やらなにやら何かと便利そうだ。使い方わからないけが。

昨日は手を描いたので今日は足だ。

昨日意外にに手がうまくかけて自信がついてたのだが、ここで一気に崩れた。

なんか知らんが足は描ける気がしない。

まぁいいや、全員靴をはかせよう。

 

-Uncategorized

Copyright© 絵がうまくなりたい人のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.